通信(ネット)販売について

 工房の主な業務はリシャフトやグリップ交換など、クラブの改善(チューンナップ)の為の作業が主なものです。
単に、「交換すればいい」という類の作業をご依頼になるお客様は稀で、現状のクラブをより使いやすくするためにと、様々なご依頼をいただいております。
当店では、お客様のご要望のにお応えできるよう努力しておりますが、言葉では言い表せないほど難しいことと感じています。

 ゴルフクラブにおいて、数値的なスペックやセオリーはお客様の体力やスイング等と密接に関係していて、「こうすれば、こうなる」などと安易に決まるものではありません。
 具体的な例で申し上げれば、同じクラブで打ち出されたボールなのに、打つ人が違えば、かなり違うものになるであろう事は想像いただけると思います。
 少々乱暴かもしれませんが、クラブにまつわるスペックやセオリーなどは、あって無きが如しとも申せます。

 対面販売(修理)の場合、お客様との面談の中で必要な事柄は、容易に確認する事が可能です。必要であればその場でボールを打ちながら確認することもできます。しかし、通信販売では非常に困難であろう事はご理解いただけるかと思います。

 この離れているが故の問題に対して、これまではメールや電話を使い、「なんとかできないものか?」とチャレンジしてまいりました。しかしながら、やればやる程、新たな問題点が発生してしまうというのが実情です。遺憾ではありますが<限界>だと結論付けるに至りました。

 営業上の観点から申し上げれば、ネットを利用した通信販売は、物理的な商圏にとらわれる事がなく、大いなる可能性を秘めた魅力があるのは事実です。それゆえ、多少の問題があろうと、「お客様に気付かれなけいように継続したい」などと不届きな考えも思い浮かびました。

しかし、営業上の理由だけで継続するなどという事は厳に慎まなければなりません。
残念ではありますが、通信販売を断念するに至りました。

ご理解下さいますよう、お願い申し上げます。